Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光輪行

日曜に日光へ輪行で。

当初は、土曜の計画だったが、あまりに予報が悪くなってきたので、参加連絡をもらってる人たちに確認すると、日曜でもOKとのことで変更。結果として超好判断で、好天は、日曜の明るい時間帯のみという有様。
晴れ男だね。普段の行いいいんだネ。ってことにしておこう。

日光行きは、自分の中では年中行事化してしまっていて、今年は、春に肋骨にヒビが入るとおバカなケガをしてしまったし、じん帯も痛めてしまったしでまともに動けず、夏は暑過ぎたのと、そうじゃなくても夏休みなのでパスだしで、この時期に計画。
夏休み後紅葉前と空いてていいだろうと思ったが、予想は合ってたみたい。天気の判断といい、なんかいい感じ。

今回は、面白い傾向があって、セマスBBSに計画を投げたのだけど、そこには反応無く、個別にメールがバラバラと来るという展開になった。
最初は、知った顔ぶれで7,8人。いい集まりかなと思っていたら、朝練の時に質問してくれていた初めて数カ月という人達からも行きます!連絡があり、さらに日曜に変更してから、それなら行ける!連絡もあり、最終的には12人プラス、☆さんつながりで、以前にご一緒したことのあるMさんが、日光行きを計画してて合流したいらしいとの連絡があり、総勢13人。単なる個人計画サイクリングとしては、あららな大所帯になってしまった。

さて、電車。
なんと今回はハプニングありで、途中乗車のOさんが、乗り遅れ。約1時間遅れの着となるとのこと。
でも、向かってくれてるわけだし、Oさんと二人でならいいペースで追いかけられるかなと待ちますよメールしたが、さすがに気が引けるらしく、まぁ確かにそうだよなと逐一所在を連絡し合うことで落ち合おうということになった。

さてさて、東武日光駅に到着&車組とも無事合流。
コンビニ寄って、まずはいろは坂下まで目指すが、途中でMさんが待ってくれているはずなので、探しながら先導。無事見つけて合流したが、先に行かせた人たちに曲がること言ってないと思い出し、挨拶もそこそこにダッシュ。こういうインターバル的なのが一番疲れるんだワ。
もう一汗かいた感じで、いろは坂下の休憩所着。
この休憩所ちょっと手前から急になり始めて(7,8%)、初めての人にこの先がいろは坂だと言うと、もうこれでごちそうさまかもしれないと苦笑いを返される。

01.jpg

ここまででもうペース的についていけなさそうな感じの人がいたので、いろは坂は、最後尾からバックアップに徹しようと明智平での集合を告げて登坂開始。
案の定一人千切れてしまったが、10キロ切るゆるゆるながら投げ出す気配はないので、てきとーなタイミングで声を掛けつつ後ろから行く。でも、こんなスピードで登ると、路面やら景色やら斜度変化やらがよくわかる。たまにはいいネ。それにぜんぜん息が上がる気配もなく、やっぱりスピードを出すって大変なことなんだなぁとあらためて思わせられた。

明智平で小休止し、出発しようとしていると、なぜか見覚えのあるジャージを着た人が一人登ってきて、一瞬なんで?と思ったが、なんと乗り遅れたOさんだった。追いついたのだ。
時間確認していなかったけど、かなりな挽回ですゾ。さすが!
無事合流を喜び合いながら、中禅寺湖畔へ。

02.jpg

なんかキレイキレイキレイ。
やっぱりいいなぁ中禅寺湖は。
が、水を良く見てみると浅いところの石に緑色の藻がはっきりと着いていて愕然とする。
釣りで通っていた15年ほど前も、茶系の浮遊性植物性プランクトンの増殖が水質汚染の証拠と問題視されていたが、こんな緑色の藻は、富栄養化の段階で、そこで留まれば生き物の生息には悪いことはないのだが、恐らく…嫌な方向にしか進まないだろう。悔しい。
中禅寺湖の環境を守るための活動をしていた時期もあるので、無念さは大きいが、流れには逆らえないんだよねぇ。悔しいねぇ。

閑話休題(笑)
中禅寺湖畔で時間を見ると、もう11時。先を急がねばと湯滝へ。
去年案内してもらってから、もう昼飯はここしかないと思ってる。
湯滝下の観瀑台脇で食事をするなんて、自分にはそれだけでごちそう。食べるものは、レトルト食品でも文句ない。
やはり肌寒いくらいの温度だったので、温かいお蕎麦とチマキ。
おいしいのヨ。これが。

食後のスィーツは、ちょっと下って光徳牧場のアイスクリーム。
相変わらずのおいしさだったが、色が心なしか黄色味が増したように感じたのは、猛暑の関係か?

03.jpg

自分的には、さて本番ってことで、またちょっと下って小田代ヶ原へ。
びっくりしたのが、もう草紅葉が始まっていたことで、まだ色づき始めのようだったが、春の新緑とは趣の違う目に優しさがある。
そして貴婦人は…どうしたことだろう。姿形は変わらぬが、なにかさみしそう思い悩んでいるよう…
去年の初夏、始めて目にしたときは、もう小田代ヶ原全体というかあたり一面って感じで存在感に満ち溢れていたが。
秋ということなのか?それだったらいいのだが…

04.jpg

時間も大丈夫そうなので、千手ヶ浜まで。
この小田代ヶ原・千手ヶ浜エリアは、本当にいい。心が洗われる思いがする。自然を感ずるというのかな。自分の小ささを自覚できて謙虚になれる。

さぁ、もうあとは下るのみ。
やや渋滞気味だったが、観光バスが原因のようで、バスの前はガラリと空いていた。
いいペースで行けたが、下りいろはは、路面が良くないところが多いんだよねぇ。もっと整備してねん。

大所帯だったが、特にトラブルなく駅着。
帰りは、座敷指定の特急で。
北千住まで¥1400余計にかかるが、楽しい時間を過ごして疲れているのに、あの席取りのギスギスした気持ちを考えると安いもんだと思う。座席もゆったりしてるし、こころもゆったりできる。
カンパーイ!
このビールをうまく飲むために大変なことをしているという気もしなくはないが、走ったあとのビールは、とにかくうまい!
ほろ酔いで話をしていると、北千住まであっという間。
名残惜しいが、三々五々解散。
いい一日でした。

日曜の…
走行距離:83.01 km
最高速度:63.3 km/h
平均速度:21.2 km/h

ちなみに獲得標高は、950mでした。


スポンサーサイト

コメント

まさにピンポイントに晴れてくれてよかったですね、
行けなくて残念です。

次回は「沼田~金精峠~日光」やりましょう、
といっても春頃ですかねぇ(@_@;)

> tomyさん
なんとなく晴れ男だって思ってたのですが、自信持っちゃいました。
「沼田~金精峠~日光」やりたかったんですが、この夏の驚異的暑さで、色々予定が狂っちゃいました。そうですねぇ、もう来年ですかねぇ。

日光とても楽しめたようで何よりです。私も参加したかったなぁ~・涙
次回は仕事の調整がつけば是非参加したいで~すo(^-^)o

> きしちゃん
時期的になにもない分、すいてて良かった気がします。
またなんかイベントごと考えたいですが、このところ天気がねぇ、困ったもんです。

おはようございます。

月曜日に予定していましたもりや周回練ですがちょっと人数
集まりそうにないみたいですのでちょっと早いですが今回は
中止にいたします。また近いうちに企画しますのでよろしく
お願いいたします。

> やまひろさん
わざわざありがとうございます。
私もちょっとこういう天気が続くと古傷的な背中が痛み出す人なので、NG宣言せねばと思って見たところでした。
またよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://derosa080601.blog59.fc2.com/tb.php/124-43fe2ee8

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

DeROSAおぢさん

Author:DeROSAおぢさん
myHeart.jpg

daicyan.jpg

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QRコード

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。